ヤフーショッピングに出店しても売れない?デメリットを書いておくよ!

ヤフーショッピングに出店しても売れない?デメリットを書いておくよ!

ヤフーショッピングは月額固定費や手数料(ロイヤリティ)が掛からないのがメリットですが、出店する前に知っておいて欲しいことがあります。

コストが掛からないからと言ってヤフーに出店すると失敗に終わる可能性もあるので、実際に運営して分かった事、売上、他店舗さんの状況など、知ってる範囲のことをお話するので参考にしてみてください。

ヤフーショッピングに出店しても売れない?

ヤフーという名前は知名度もあり何も知らない人だと沢山売れてるイメージがあるかもしれませんが、現実はそこまで甘くありません。知り合いのショップは全然売れないと嘆いていますし、現に撤退したオーナーさんも知っています。

では、なぜ売れないのか?その理由はアクセス数の少なさにあります。

分かっているデータですとヤフーは月に4.4億pvほどアクセスがあるのですが、ライバルの楽天は33憶pvと約7倍のアクセスを誇っています。アマゾンについてはデータを公開してませんが、楽天と同じくらいはあるでしょう。

楽天・アマゾン・ヤフーは通販モールの3強とも言われますが、実際は楽天とアマゾンの2強です。

実際色々な店舗の話を聞くと、「ヤフーより楽天とアマゾンの方が売上が高い」というお店は多く、それだけモールのアクセスが多いと売上も高くなるようになっています。

ちなみに、私が運営してるショップについても楽天とアマゾンの売上はとても高いです。比率はこんな感じです↓

運営サイトの売上比率
  • 楽天:37%
  • アマゾン:37%
  • ヤフー:14%
  • ワウマ:6%
  • 自社サイト:6%
  • ポンパレモール:0%に近い

※売上は年間で1憶ほどです。

上記の比率を見れば分かりますが、楽天とアマゾンで約7割の売上が作られています。ヤフーは3番目に売上が高いですが、楽天やアマゾンに比べると半分以下しかありません。

だからと言ってヤフーショッピングが絶対に売れないわけではなく、昔から出店している店舗は調子がいいとも聞きます。しかし、新規参入者だとあまりいい話を聞かないことが多いです。

ヤフーショッピングの出店するデメリットについて

ネット通販に慣れている人なら問題ないですが、ヤフーは管理画面が複雑でとても分かりずらくなっています。

昔からあるサイトなのでその名残でもあるのですが、決して便利とは言えないので、通販サイトを初めて運営する人には最初大変かもしれません。

それ以外のデメリットについては特になく、先ほどお話したアクセスがそこまで多くないくらいです。

ランニングコストについては通販モールの中で1番安いですし、サポート体制(電話対応など)もまあまあ悪くはありません。

自社サイト、ワウマ、ポンパレモールと言ったネットサイトとヤフーショッピングを比べるなら、断然ヤフーの方がいいでしょう。

ただ、コストが安く済むからと言って売れるわけではなく、それなりにしか売れない可能性もあるのだけ覚えておいてください。

ヤフーショッピングに出店する前に検討した方がいいこと

もしネット通販を初めてやるのなら、まずは楽天とアマゾンから出店することをおすすめします。

先ほども説明しましたが、ヤフーに比べ楽天とアマゾンは集客力が高いモールです。ネットショップはアクセス数がないと売上が作りずらいので、まずは集客力が高い楽天とアマゾンからの出店を考えてください。

「だけど、ランニングコストが高いのが気になる」という人もいるかもしれませんが、それに見合った集客をしてくれるのでコスパは悪くありません。

私も初めてネットショップを運営した時は、コスト面を考えて自社サイトを選びましたが、この考えは失敗でした。ヤフーはコストが掛からないうえ、知名度もあるので自社サイトよりはおすすめですが、それよりも楽天やアマゾンに出店した方が売上は早く作ることができます。

それほどモールの集客力(アクセス数)は売上に直結してくる部分ですので、より集客力が高いモールから出店を検討してみてください。

ヤフーショッピングには3番目に出店すること

楽天やアマゾンに出店したらヤフーにも必ず出店してください。なぜなら、楽天とアマゾンで成功したらヤフーでも成功できる確率が高いです。

また、ヤフーでしか買わないお客さんもいるので、そういった人の取りこぼしがなくなります。

ヤフーショッピングは昔からあるモールなので、ある程度のお客さんは付いています。私の知り合いでもヤフーでしか買わないと言う人がいるので、そういった人を取りこぼさない為にも、最終的には出店していきましょう。

他のモールに出店したらヤフーの出店も簡単になる

複数のモールに出店するのは今やあたりまえですので、そういった人達のために商品や在庫を連動してくれるシステムがあります。

毎月料金は掛かりますが、例えば楽天に出店していればそのデータを抜き出してヤフーに商品を登録させることができるので、かなりの時間短縮になります。

私も連動システムを使っていますが、これがないと複数モール運営は地獄です。どこかのモールで在庫が売れたら、その都度別のサイトの在庫を消すのはとても大変なので、連動システムさえ導入してしまえば簡単に複数のモールを運営することができます。

連動システムは色々な会社が提供していますが、月額費用が固定されている「ごくーシステム」が安くて有名です。20日間の無料お試し期間もあります。

まとめ

ヤフーショッピングへの出店はダメではありませんが、最初に出店すべきモールではありません。

集客力が高い楽天とアマゾンに出店し、その次に検討するのがベストなタイミングです。

私のように遠回りしないためにも、効率よく出店した方が早く売上も作れますよ。

楽天とアマゾンのどっちに出店すれば売れる?運営して分かった違いを紹介!

楽天とアマゾンのどっちに出店すれば売れる?運営して分かった違いを紹介!

2019年12月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です