楽天で売るためのコツ!私が知ってる限りの情報を全て書きました!

楽天で売り上げを作るにはそれなりの戦略が必要です。ただ商品を登録してお終いでは、いつまで経っても売り上げは増えないと思います。ハッキリ言ってネットショップは面倒くさい事の積み重ねで、地道な努力が成功の秘訣です。

だけど、どんなことをすればいいのか?ネットショップ初心者の人は分からないですよね?そこで今回は、今まで運営してきたデータを元に、楽天で売るためのコツを紹介します。すぐに結果に結びつかない事も多いですが、あきらめずに続けていれば売れる可能性が高いので、ぜひ実践してみてください。

楽天で売るためのコツ

楽天で売るためのコツ

商品の写真はキレイに分かりやすく

商品の写真

言わずとも商品写真は重要です。食べ物だったらどれだけおいしく撮れるか、洋服ならコーディネート例や屋外で撮ったイメージ写真など、色々な見せ方をするのはとても大切です。「だけど写真なんかあまり撮ったことがないし、どんな風に撮ればいいのか分からない」なんて人は、ライバル店を観察してみてください。

同じ商品、あるいわ同じような商品をどんな風に撮っているのか?たくさんのライバル店を見れば、どういった写真がいいのか分かってきます。自分だけで考えていてはうまくいかない事も多いので、最初は真似事から始めればいいのです。そして、自分なりに工夫をし、より良い写真を求めていれば必ず綺麗な写真は撮れます。

また、どうしてもうまく撮れない場合は外注化する事も可能です。今では沢山の写真代行会社があるので、必用であればネットで検索してみてください。

最後に撮影用のカメラなのですが、できるだけ良い物を使うのがおすすめです。安いデジカメではなく、一眼レフやミラーレスカメラを使った方が、商品をより良く撮ることができます!

関連記事:ネットショップの商品撮影のコツは、カメラと照明(ライト)が重要

お店の安心感を出す

お店の安心感

「お店の安心感って何?」と思いますよね。先に箇条書きにしますので、まずはご覧ください。

  • お店の電話番号を載せる
  • 販売者の顔写真を載せる
  • 送料や手数料を分かりやすい場所に載せる
  • いつ発送されるのかを記載する
  • 返品や交換に関する記載
  • ラッピングの有無、またラッピング写真を載せる
  • お客様の声(買ってくれた方のレビュー)を載せる

などがお店の安心感につながります。

まず電話番号を載せる理由は、分からない事があったらすぐに電話できるようにするためです。「分からないから買わなくていいや」なんて人もいるので、よく目につく一番上(ヘッダー)に載せるのがいいでしょう。

次に販売者の顔写真なのですが、これはスーパーの野菜コーナーで生産者の写真が載っているのを見た事ありませんか?これは「この人が作っているんだ」という安心感が、購入率UPにつながるのでやっているのです。売れてるショップは必ずやっているので、恥ずかしがらずにやってください。

お客様の声(レビュー)は、安心感を与えるのにもっとも重要な1つ!お店の人からよりも、実際に購入した人の声の方が信憑性があるので、レビューも分かりやすい場所に記載しましょう。

送料・手数料・配送日・ラッピング・返品・交換など、お客さんが知りたい事も目につく場所に記載して下さい。その他に大事なことがあればしっかり書いて、お客さんの疑問はすぐに解消できるようにすることが購入率UPにつながります。

賑わい(ひとけ)を出す

賑わい(ひとけ)

賑わい(ひとけ)も購入率UPに繋がる大事なポイントです。例えば飲食店で、お客さんが沢山いるお店といないお店があった場合、「お客さんが沢山いる」お店に入りますよね?いつもガラガラなお店などあまり入りたくないのと一緒で、ネットショップも賑わい(ひとけ)があると売れやすくなります。

賑わい(ひとけ)を出す演出方法は、

  • レビューの設置
  • ランキングの設置
  • 購入された履歴の設置

などになります。

有料ツールだと月数千円から利用が可能ですが、無料のツールもあるので始めはそちらを使えばいいと思います。無料の賑わいツール⇒「販売支援ツール

配送の速さ

配送の速さ

配送の早さも購入率を高めるのに効果的です。楽天の場合、本日発送して明日届ける「あす楽」というシステムがあります。この「あす楽」対応にすることで売上も増えるデータがあるので、可能な限り対応するようにして下さい。

お店のページ内には「本日16時迄の注文を即日発送」など、配送が早いというアピールをするとより効果的です。

ランキングに載せる

ランキング

楽天にはランキングの専用ページがあり、そこに商品が掲載されるとアクセスUPが見込めます。売れてるものは沢山の人が気にするので、戦略的にランキングに載せるのも効果的な方法です。

では、どうやってランキングに載せるのかと言うと「利益なし(お得な価格)」で商品を売りまくります。ランキングに掲載されたページはアクセスが上がるので、そのページに売りたい商品をサイドバーなどに載せ複数買いを誘発させます。

ランキングに載せる商品はお客さんを釣る為のエサで、商品ページに流れて来たら売りたいものを見せて売り込んでいく。ランキングに掲載させるのは、広告的な考えということを覚えておいて下さい。

※注意:このランキングに載せる商品なのですが、沢山の人が欲しいと思える商品でないとダメです。あまり魅力のない商品を値下げしても売れない可能性があります。

SNSの活用

SNSの活用

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、「ツイッター・フェイスブック・インスタグラム」が有名です。今の時代SNSの活用は必要不可欠で、ネットショップをしている店舗は大体活用していると思います。

ただ、うまく活用しているお店は極わずかで、入荷商品の紹介ぐらいにしか使っていません。入荷商品の紹介も大事ですが、商品の魅力を伝える事の方がもっと大事です。言葉よりも実際に見た方が分かりやすいので、フェイスブックをうまく活用しているショップを紹介します。こちら⇒「虎斑竹専門店 竹虎

SNSはうまく活用すれば爆発的なアクセスが見込めるので、必ず活用して下さい。

ブログ作成

ブログ作成

SNS同様、ブログも集客UPに欠かせません。楽天には「店長の部屋Plus+」というお店専用のブログツールがあります。商品ページでは伝えきれなかった魅力を紹介したり、商品ができるまでのストーリー、お店の裏話など、お客さんが面白いと思う事を書くとブログのアクセスがあがり、結果売り上げに結びつきます。ブログも力を入れてるお店は少ないので、他店と差を付けるためにも是非実行して下さい。

ブログなのですが、いずれ自社サイトや他のモールに出店するなら独自ドメインを取ってWordpress(ワードプレス)を使う事をおすすめします。独自ドメイン代(年間1000円くらい)・サーバー代(月1000円くらい)がかかりますが、あなたの財産にもなるし、カスタマイズも幅広く行う事ができます。

最初は「店長の部屋Plus+」で始めてみて、ゆくゆくWordpress(ワードプレス)に切り替えていくのが良いと思います。

商品と一緒にチラシを入れる

チラシ

お客さんに商品を届ける際、一緒にチラシを入れるのもおすすめです。こちらからアプローチできる数少ない機会ですので、おすすめ商品のチラシを作り一緒に入れるようにして下さい。

メルマガ

メルマガ

楽天のメルマガは週に1回配信することができるのですが、1通0.75円の費用がかかります。しかし、うまく活用すれば費用対効果は高いので、積極的に配信するようにしてください。売れるメルマガのコツは、まずタイトルが重要です。クリックしたくなるタイトルを付けないと開封されません。中身も、商品名とURLだけ並べてるのはNG。商品の説明を簡潔&魅力的に伝えることで、クリック率が増え購入数も増えていきます。

私のショップでは、楽天・DeNA・ポンパレモール・自社サイトの4サイトでメルマガを打っていますが、圧倒的に楽天が売れます。メルマガ保有数はDeNAと変わらないのに、購入数は5倍も違うので、楽天のメルマガはおすすめです。

手書きメッセージ

手書きメッセージ

購入者へ送る手書きメッセージは、お店の信頼度がUPし次回の購入へとつながります。またレビューを書いてくれる人も増えるのでおすすめです。ちなみに綺麗な文字を書くため、通信教育で美文字を習っている人も増えています。それほど効果的な戦略ですので是非試してみて下さい。

私も文字を綺麗に書くために習ったことがあり、かなり綺麗に書けるようになりました。こちらのボールペン字講座がおすすめです。⇒「東京書道教育会

楽天のイベント活用

楽天のイベント活用

楽天が開催するイベントに参加するのも売上UPのコツです。楽天スーパーセール・お買いものマラソン・ポイント増量など、できる範囲でいいので参加してください。楽天のイベントを活用することで、その期間「購入率UP」が見込めます。

人というのは一度買ったお店で再度買う確率が高いので、新規顧客開拓の意味でもイベントに参加し購入者を増やすことが大切です。リピーター作りが売上UPのキモなので、買ってくれたお客さんには満足いくサービスを心がけて下さい。

連絡はこまめに丁寧に

連絡

先程言った「満足いくサービスを心がけて下さい」の内容につながるのですが、ご注文頂いた方には「こまめに丁寧に」連絡することが大切です。連絡が遅ければお客さんは不振に思います。顔の見れない商売ですので、連絡はこまめに対応して下さい。

また、配送する時は、送り状番号やお届け日・時間帯も記載して下さい。手間がかかるのでやってないお店もありますが、お客さんからしたら不親切です。細かいことですが、こういった事でお客さんの信頼度を上げることができます。

商品タイトルの付け方

商品タイトル

商品タイトルは超重要です。まず、お客さんが検索するキーワードが入っていないとダメで、ここを間違えるとアクセスが見込めません。タイトルを決めるコツなのですが、楽天内の検索窓口に「みかん」と打ち込んでみて下さい。そうすると「みかん」に関するキーワードが表示されます。※下記画像を参照

キーワード

表示されたキーワードは、楽天内で需要のあるキーワードになります。あと、キーワードが沢山あるからと言って、タイトルに詰め込み過ぎるのはNGです。なぜNGかと言うと、楽天内検索の順位が下がる傾向があります。楽天内検索で上位表示されるアルゴリズムは、一定期間で変更されるうえ、その内容も公開されていません。

私が知る限りだと「商品が売れる」と上位に表示されやすくなるのは確かで、他はよく分かっていません。昔はレビューが多ければ上位に表示されましたが、最近はそのアルゴリズムが変わりました。売れてる商品が上位に行くのは確実なので、上記で説明した「ランキングに載せる」戦略は効果的ですよ。

商品の説明文

商品の説明文

楽天検索の場合、商品説明文の文字も検索対象になります。しかし、検索を意識した説明文だとおかしくなるので、そこは気にしないでください。それよりも、しっかりお客さんに伝わる商品説明文を書いた方が、購入率が上がりやすいです。

あとは、商品説明文をしっかり書くと「グーグル検索」で有利になります。楽天内検索からのアクセスも重要ですが、外部からのアクセス集めも売上アップにつながるので大切です。

店舗ページの作り方

店舗ページ

楽天ショップの店舗ページはごちゃごちゃしたサイトが多く、ヘッダー・サイドバー・フッターと、あらゆる商品で埋め尽くされているのが特徴です。ちなみに私はああいったゴチャゴチャしたページは好きではなく、もう少しシンプルな方が個人的には好きなのですが、アレが楽天では売れる方法なのでそのように作っています。

ページ表示速度が遅くならないよう配置してる商品は少なめですが、月に2回くらいは更新させます。その時期に売れる商品を配置したり、新商品で売れそうな物を配置すると売上げが上がるのでおすすめです。

楽天の場合、楽天内検索からお客さんが流入し商品ページへたどり着きます。そこからお客さんにショップ内を閲覧してもらうようゴチャゴチャしたページにし、PV(ページビュー)を稼いで購入率を高めるのです。沢山の商品を見てもらえば見てもらうほど購入率は高まるので、楽天に出店したらアドバイザーに相談しページを作ってみてください。

楽天で売るためのコツまとめ

ネットで売上げを作るためには「アクセス×購入率×単価」を上げるほかありません。どれか上げれば売上げも上がります。今回紹介した売れるコツは「アクセス×購入率×単価」に結びつくものばかりで、基本的な対策なのです。

今回紹介したもので不必要な対策は1つもありません。あなたが「これはいらないでしょ」と思う対策があるかもしれませんが、売り上げを上げるためには全て必要な対策です!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

楽天で売るためのコツ!私が知ってる限りの情報を全て書きました!:関連ページ

DeNAに出店を考えている方ちょっと待った!私が知ってる評判を教えます!
「DeNAショッピングモールに出店しようか迷ってる」あなた!他にどのサイトに出店してますか?楽天・アマゾン・ヤ […]
楽天に出店するのに個人ではダメなのか?
楽天の出店基準に関しては非公開となっているので正確な情報をお伝えできませんが、副業として個人で出店する場合の審 […]
楽天に出店しても広告費は必要ない!広告なしでも集客は可能です!
ネットで集客するためには、「広告を出す・SEO対策にお金を使う」などありますが、必ずしも必要かと言われると必要 […]
楽天に出店したらHTMLやCSSの知識はどれくらい必要なの?
楽天のページ編集にはHTMLやCSSの知識が必要になってきます。基本HTMLだけでいいですが、CSSも知ってる […]
楽天の出品作業は簡単?あと管理画面が使いづらいって本当?
楽天に出店している人のブログや日記などを見ると「管理画面が使いずらい」なんて言う方がいますが、私はそんなことな […]