楽天の出店費用は具体的にどれくらいかかるのか?

楽天の出店費用

楽天の出店費用は公式サイトで確認することができますが、図だけ見ても今一ピンとこないかもしれません。また、意外な落とし穴もあり「予想していた費用より高くなる」なんて事もありえるので、出店前にしっかりチェックすることは大切です。

今回は、基本的な出店料に加え、実際運営した際にどれくらいの費用がかかるのかをシュミレーションして説明いたします。意外な落とし穴も詳しく説明するので参考にして下さい。

楽天の出店プランは4つ

楽天の出店プラン

楽天の出店プランは4つしかありません。それぞれ月額利用料が違いシステム利用料のパーセンテージも違ってきます。売れば売るほど高いプランの方がお得になる仕組みです。

では具体的にプランの内容を見ていきましょう。

楽天出店料

ライトプランだけ契約期間が3ヶ月と短めで、他は全て1年契約となっています。月々の出店料が一番安いのが「がんばれ!プラン」で、ネットショップ初心者の方が選ぶべきプランです。

「3ヶ月のライトプランが初心者にいいんじゃないの?」なんて思いますが、3ヶ月で判断なんてできないです。最低でも1年から2年はやらないと何も見えてきません。私の中で「ライトプラン」はボッタくりプランなので、このプランしか選べないならやらない方がいいですよ。

スタンダードプランの上にイチオシマークが付いていますが、これは楽天がオススメしているプランになります。出店検討している人に「スタンダードプランが一番おすすめです」なんて説明していると思うのですが、私は「がんばれ!プラン」から始めるのがいいと思ってます。

1ヶ月に132万円以上確実に売れる自信があるなら「スタンダードプラン」から始めた方がお得になるのですが、ネットショップ初心者の人は「がんばれ!プラン」から始めるのが無難ですよ。

楽天の出店料をまとめると

※メガショップ・スタンダードプラン・ライトプランは最初に選ぶべきプランではないので省きます。

  • がんばれ!プラン:月額19,500円×12ヵ月+初期費用60,000円=294,000円(税抜)

294,000円が年間で最低かかる費用になるのですが、楽天にはシステム使用料があるので、売れた分だけさらに費用がかかってきます。「がんばれ!プラン」の場合は、パソコンで売れた場合3.5%から6.5%、モバイル経由は4.0%から7.0%の手数料がかかります。

沢山売れば売るほどパーセンテージが低くなる仕組みなのですが、ほぼ最高パーセンテージになると思っていいです。

がんばれ!プランのシステム使用料

がんばれ!プランのシステム使用料

50万円を突破すると5%システム使用料が安くなりますが、次に安くなるのは500万を突破した時になります。一番安い4%の手数料は1000万を超えないと適用されません。ですので、ほぼ一番高い手数料が適用されると思っていいでしょう。

システムサービス利用料金

システムサービス利用料

楽天スーパーポイントとは、購入された商品の1%を払わなけれなりません。安全性・利便性向上の為のシステム料金は月額売上げの0.1%なので大した事ないでしょう。

楽天スーパーアフィリエイトとは、アフィリエイト経由で購入された場合、最低1.3%の手数料が発生します。アフィリエイトとは、ブログなどで商品が紹介されそのリンクをたどって購入に結び付いた時に発生します。

アフィリエイト経由で売れた時のパーセンテージは、設定しない限り最適の1.3%のままとなります。0%にする事はできません。

決算サービス利用料金

決算サービス利用料金

ここで必要になってくるのはカード自動決算処理機能の項目だけです。楽天の場合、購入者の大半がカード決算と代引き決算になります。楽天マルチ決算サービスと楽天バンク決算は、あまり使用されないので無くても構いません。楽天口座決算は銀行振り込みのことで、これはお客様が手数料を負担するので、店舗側にデメリットはないです。

カード決算を使えるようにするには、月額3000円が必要となります。また楽天カードで支払われた場合は商品購入額の2.65%、楽天カード以外の場合は3.6%の手数料が取られます。処理料というのはカード決算された時、1件につき15円の手数料が取られる費用です。

楽天に出店した際、カード決算は必ず使えるようにしておいてください。楽天側のデータでは、約70%の人がカード決算を利用します。(私のショップでは60%の人がカード決算での購入です)

オプション利用料

オプション利用料

上記はオプションなのでなくてもいいのですが、メルマガだけは配信した方がいいです。1通当たり0.75円と費用は安いので、週に1回くらいは配信して下さい。私のお店はメルマガ保有数が2500件あり、1回メルマガを打つと4万ぐらい売れます。

楽天S4はフェイスブックなどのSNS機能を、楽天側が代行して作成してくれるサービスです。私は必要ないと思っているのでやっていません。

ここまでの料金をまとめてみると

「がんばれ!プラン」の場合

  • 月額19,500円×12ヵ月+初期費用60,000円=29万4,000円
  • システム使用料パソコンは6.5%・モバイルは7%
  • カード決算の月額利用料3,000円×12ヵ月=12万円
  • カード手数料2.65%から3.6%

では、上記の料金で月に50万円売れた時のシュミレーションを立ててみます。

※システム使用料は6.8%で計算
※カード手数料は3%で計算
※楽天ポイントとアフィリエイトを合計で1.5%で計算

月商50万円の場合

  • 50万円×12ヵ月=売上げ600万円
  • システム使用料:600万×6.8%=40万8000円
  • カード手数料:600万の内70%に対して3%=12万6000円
  • 月額19,500円×12ヵ月+初期費用60,000円=29万4,000円
  • カード決算の月額利用料3,000円×12ヵ月=12万円
  • ポイントとアフィリエイト:600万×1.5%=9万円
  • 赤文字の金額合計は103万8000円

楽天に支払う金額は約103万8000円になります。600万103万8000円=496万2000円なのですが、ここから発送した送料の金額を引かなければいけません。私のショップを例にさらにシュミレーションしてみます。

平均送料が700円で購入単価が約1万円で計算すると、年間600件発送していることになるので、600件×送料700円=42万円になります。

496万2000円-42万円=454万2000円が大体の売上げ金額になります。ここから仕入れ値などを引くと利益になるのですが、試に仕入れ値が5掛けで計算すると454万2000円-仕入れ値300万円=154万2000円が利益となります。

簡単に費用をまとめると

「がんばれ!プラン」を例にあげてシュミレーションしましたが、簡単にまとめると売上げの24%くらいが費用としてかかる計算になりました。(年商600万円の場合※下記図参照)

売上げが増えれば、このパーセンテージがどんどん減っていき、仮に年商1200万円で計算すると21%位になります。

手数料

年商600万だと諸々で145万8000円の経費がかかります。600万の内145万8000円が経費なので、それをパーセンテージにすると約24%くらいになります。

仮にあなたが販売する商品が5掛けの仕入れ値だとした場合、年商600万だと利益は300万円、600万の24%(145万8000円)が経費としてかかるので、300万-145万8000円=154万2000円の利益となります。

年商600万(月商50万)で仕入れ値が5掛けだと、商売としては面白くないですよね?仮に倍の年商1200万だと、手元に残るお金は349万8000円ですので、まあまあといった感じになります。

楽天出店料金の意外な落とし穴とは?

意外な落とし穴

楽天出店料の意外な落とし穴なのですが、それは画像容量になります。プランによって使える画像の容量が決まっているのです。

画像容量

赤枠の部分が使える画像容量です。これは商品画像の他に、トップページなどのバナーも容量以内に納めなくてはいけません。

ちなみに上の落とし穴の画像は約70キロバイトです。私のショップでは、1枚の画像で大体100キロバイト使っていて、最低6枚の画像を商品ページに使います。(600キロバイト使用)

1MB(メガバイト)は1000キロバイトなので、500,000キロバイト÷600キロバイトだと833商品しか登録できない計算になります。商品点数が多い場合は、容量不足になる可能性があるので注意して下さい。

最後に

どうでしたでしょうか?楽天出店費用のイメージは何となくつかめましたか?

紹介したシュミレーションはあくまで参考なので、扱っている商材と送料を変更して試してみてください。ちなみに私のショップだと大体15%くらいの費用になります。仕入れ値が約45%、広告は一切行っていないので低く抑えられています。

知り合いに楽天出店を検討している人がいたのですが、仕入れ値が7掛けと高かったので「やめた方がいい」とアドバイスした事があります。仕入れ値が6掛け越えるようならやめた方が無難です。沢山売れるならいいですが、6掛け以上だと利益が少なく商売として成り立たない可能性が高いです。

では最後に楽天の出店料なのですが、私的にはそれほど高くないと思っています。電話スタッフ・商品一括登録・配送システム・ページ作成など利便性が良いので、金額的には見合ってると思いますよ!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

楽天の出店費用は具体的にどれくらいかかるのか?:関連ページ

DeNAに出店を考えている方ちょっと待った!私が知ってる評判を教えます!
「DeNAショッピングモールに出店しようか迷ってる」あなた!他にどのサイトに出店してますか?楽天・アマゾン・ヤ […]
楽天に出店するのに個人ではダメなのか?
楽天の出店基準に関しては非公開となっているので正確な情報をお伝えできませんが、副業として個人で出店する場合の審 […]
楽天に出店しても広告費は必要ない!広告なしでも集客は可能です!
ネットで集客するためには、「広告を出す・SEO対策にお金を使う」などありますが、必ずしも必要かと言われると必要 […]
楽天に出店したらHTMLやCSSの知識はどれくらい必要なの?
楽天のページ編集にはHTMLやCSSの知識が必要になってきます。基本HTMLだけでいいですが、CSSも知ってる […]
楽天の出品作業は簡単?あと管理画面が使いづらいって本当?
楽天に出店している人のブログや日記などを見ると「管理画面が使いずらい」なんて言う方がいますが、私はそんなことな […]