【自己紹介】実際に運営している楽天ショップの売上げ

楽天ショップの売上げ

はじめまして!楽天出店案内所を運営する”楽天野郎“です。2011年から楽天に出店して、年間3600万程の売上げを作っています。自社サイト・DeNA・Amazon・ポンパレモールにも出店しており、年間7000万円程売上げがあります。(毎年売上げは伸びています。)

仕入れ・撮影・商品登録・イベント企画・商品発送・SEO対策・メルマガ・ブログ運営・SNSによる情報発信など、ほとんどの業務に携わっているので、ネットショップの知識はそれなりに持っています。

そんな私が、楽天出店を検討しているあなたに「楽天の現状」「出店して売れるのか?」「楽天サイトのシステム」「料金の意外な落とし穴」など、知っておかなければいけない情報をお教えします。このサイトを見れば、楽天出店への知識は必ず付きますし、出店後どうやって運営したらいいのかも分かりますので、1つの検討材料としてお役立てください。

では、わたくし”楽天野郎”の自己紹介をもう少ししていきます。

楽天野郎のネットショップ履歴

楽天野郎のネットショップ履歴

わたくしは雇われのネットショップ店長です。オーナーに「ネットショップをやりたい」と言われ任されたことから始まりました。ネットの知識、HTMLやSEO、商品ページの作り方など全く分からずからのスタートだったので、セミナーに行ったり本を買ったり、競合店をくまなく調査したりと、色々勉強してきました。

初めに自社サイト、そしてDeNA、次に楽天と出店していき、楽天出店が売上げアップの大きな転機となります。文頭で話した楽天の売上げは約3600万なので、運営しているショップの約半分を占めています。

そして次に出店したのがAmazonで、今の売上げバランスは楽天5:Amazon3:自社サイト1:DeNA1の比率。ポンパレモールはほとんど売れていないので0。

全ての人に当てはまるわけではないですが、ネットショップを始めるなら楽天かアマゾンから始めるのがいいと思います。知り合いのショップでも楽天とアマゾンの売上は大きく、現状では2強と他のモールは太刀打ちできない状態です。

スタッフは3人と小規模

私が働いている会社は3人だけで、オーナー・わたし・バイトで成り立っています。実店舗もあり、主にバイトとオーナーがお店と発送や検品作業、私がその他のネット運営を任されています。

販売している商品の単価が高く、平均単価が11,000円くらい。月に500個から600個ペースで発送しています。(年末は1000個近く発送)

単価が高く発送個数が少ないので少人数でやっていけますが、単価が5000円くらいで年間7000万円を売る場合、もっと人手が必要となります。そうなると人件費がかさみ利益が少なくなるので、単価が高いのは運営ショップの強みです。

運営しているショップが成功している秘訣

運営しているショップは、始めた年からずっと右肩上がりです。昔ほど売上げの伸びはないですが、毎年売上げは増えてます。成功している秘訣は地道な努力以外ありません。運の要素も多少ありますが、面倒くさいブログ更新やSNS、メルマガ配信など、やるべきことをしっかりやっているので成功しているのだと思います。

ハッキリ言ってネットショップは面倒くさいです。楽天に出店すれば簡単に売れるなんて思わないでください。そういった方は大体失敗しますしお金と時間の無駄なので、ネットショップ以外で売り上げを作る方法を考えた方がいいです。

このサイトでは、面倒くさい事でもコツコツ続けられる人に楽天の出店をおすすめしています。昔なら出店するだけで売れる時代でしたが、今は競合が多いのでそう簡単にいきません。

最後に

楽天 売上げ

画像のグラフは楽天店舗の年間売上で、ピンク色の棒線が月の売上げです。楽天ショップ全体の平均月商は418万円で、私のショップはまだ平均に届いていません。(平均300万円くらい)

しかし、ポイント増量や過激な割引などはしていないので、利益率はそこそこ高いです。割引やポイント増量などを強化すれば平均の418万円まで売上げは伸ばせますが、利益あっての商売なので、そういった事をしていくつもりはありません。

このサイトでは薄利多売の商売でなく、利益を残しながら売っていく方法も書いていますので、ショップ運営の参考にして頂ければと思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓