楽天に出店するデメリット7つ!出店者だから分かるデメリットをお教えます!

楽天に出店するデメリット

あなたは楽天の営業マンから出店の誘いを受けた事ありますか?私の知り合いに電話がかかってきたのですが、聞いてる限りメリットしか話さないようです。「利益30%もあれば全然大丈夫です」なんて平気で言ってくるので、もし電話があったら話半分で聞いておいた方がいいですよ。

実際、利益30%だと楽天の食い物にされるのがオチでまず儲かりません。楽天の出店公式サイトでもメリットしか記載されておらず、デメリットについては触れていないので、今回は片っ端からデメリットを挙げて説明いたします。

楽天に出店するデメリット

楽天に出店するデメリット

1:利益率が低くなる

楽天に出店すればある程度利益は削られます。楽天の出店費用は具体的にどれくらいかかるのか?」にも書いたのですが、シュミレーションすると20%から30%くらいは費用がかかると思います。(売上げが100万未満の場合)

ちなみに私が運営している楽天サイトだと15%くらい費用がかかってます。沢山売れば、パーセンテージが低くなりますが、あまり売れないと高くなってしまうのが楽天のデメリットです。

運営している自社サイトだと大体10%くらい、アマゾンだと20%くらい、DeNAは18%くらいとなっています。

2:競合が多いとアクセスが取れない場合がある

楽天は出店企業が多いので、商材によってはライバルサイトが沢山いると思います。沢山のライバルサイトがいると、アクセスが少なくなるので注意して下さい。ちなみに楽天のアクセスは大体が楽天内サーチからの流入になります。

▼こちらが楽天内サーチ(楽天内検索)

楽天内サーチ

この楽天内サーチで検索されて、ヒットされた上位の商品から流入数が多くなるのですが、競合店が多いと、なかなか上位に行かずアクセスが全然取れない何てこともありえます。ですので出店前は必ず競合店の調査をし、競合店の数や値引き率などを確認していきましょう!

競合店の価格が安すぎる場合は、無理せず出店しない方が良いかもしれません。わざわざ価格競争に突っ込んで行くのもどうかと思いますので、慎重に考えて下さいね。

ただ競合店を見る時に注意してほしい事があります。それは「サイト全ての商品が安くなっているか?」です。楽天の集客方法として、1つの商品を原価近くまで値引きし、利益0円で売りまくる⇒そうすると、その商品の検索順位があがり、そこからアクセスを集める方法があります。

集客目的で値引きをしているのか、それともお店の全商品を薄利多売で売っているのか?その辺も確認しながら調査してみて下さい。

3:楽天モールに振り回される

楽天に出店したら楽天の指示に従わなければなりません。例えば、システム利用料の変更・銀行振り込みの受け取り口座が楽天銀行以外使用不可など、強制的に変更されたこともあります(実話)。他のモールもそうですが、モールが出す指示には従わなければいけないのは、デメリットの1つとして覚えておいて下さい。

4:知りたいデータが取りにくい

楽天にはアクセス解析や流入キーワードを調べることはできますが、大事なコンバージョンを測ることができません。例えば自社サイトだと、グーグルアナリティクスを使えばコンバージョンデータが分かるのですが、楽天だと測定できないのがデメリットです。

5:店舗を編集するときに使えないHTMLがある

HTMLに関して完璧なド素人だと困ってしまうかもしれません。HTMLとCSSはある程度覚えてしまうと楽なのですが、全く知らないとなると業者に頼るしかなくなります。

見栄えが悪くても売れますが、見栄えが良い方がもっと売れるので、始めは投資して綺麗なページを作っても良いと思いますよ。

6:自社サイトより客層は悪い

販売している商材で変わってきますが、自社サイトよりもお客様の質は悪いです。例えば私のサイトで言うと

  • 自社サイトに比べると単価が低い
  • 楽天の方がクレームが多い

楽天のお客さんは、どちらかというと安い商品を探している人が多いです。セールを行う時も食いつきが良いのは楽天のお客様で、自社サイトは買いたいものを買っている人が多い感じです。クレームも楽天の方が多く、お客様が悪いのにグタグダ言われた事もあります。

うちのお店はあまりクレームはないですが、自社と比べると楽天の方が多いかなといった感じです。

お客様の質は、対象ターゲットの年齢で変わってきます。私のショップは30代から50代の方に多く売れるので、お客様の質は割と良い方です。反対にターゲット年齢が10代から20代になってくると、お金がないので代引きの無断キャンセル、クレームなどが多くなりやすいです。

7:楽天信者になる恐れが・・・

楽天ではアドバイザーといわれる担当が付きます。担当はコロコロ変わるのですが、広告の話とポイント増量の話を出されるでしょう。そして話しているうちに「何だか広告売ってみたいな」なんて気持ちになってしまうかもしれません。

巧みな話術で”楽天信者”になってしまえば相手の思うつぼです!あたなの友人から「この広告良かったよ」とおすすめされるなら良いですが、アドバイザーからおすすめされた場合は一度良く考えて下さい。ちなみに自社サイトのアドバイザーいわく、今の楽天広告は採算が取れない事が多いそうです。

最後に

最後の「楽天信者になる恐れが・・・」はちょっとしたネタ記事ですが、ネットショップ初心者は暗示にかかりやすいので注意して下さい。売れてない時期は「もしかしたら売れるかも」なんて声がよぎり、ついつい広告を出してしまいがちですが、とりあえず最初の1年間は広告無しで良いと思います。

私は楽天の広告に一切手を出したことがなく、DeNAの広告を何度か試したくらいです。DeNAのアドバイザーにアレコレ言われ広告を出したのですが、一度も効果を得られませんでした。ですので、広告に関しては今後もやらない方針で進んでいます。

今回、楽天に出店するデメリット7つを挙げましたが、自社サイトやDeNA・ポンパレモール・ヤフーショッピングに比べれると、楽天は売上げを作りやすいサイトです。楽天出店のメリットもあるので、次回はその辺を詳しく紹介いたします!⇒楽天出店のメリット記事

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

楽天に出店するデメリット7つ!出店者だから分かるデメリットをお教えます!:関連ページ

DeNAに出店を考えている方ちょっと待った!私が知ってる評判を教えます!
「DeNAショッピングモールに出店しようか迷ってる」あなた!他にどのサイトに出店してますか?楽天・アマゾン・ヤ […]
楽天に出店するのに個人ではダメなのか?
楽天の出店基準に関しては非公開となっているので正確な情報をお伝えできませんが、副業として個人で出店する場合の審 […]
楽天に出店しても広告費は必要ない!広告なしでも集客は可能です!
ネットで集客するためには、「広告を出す・SEO対策にお金を使う」などありますが、必ずしも必要かと言われると必要 […]
楽天に出店したらHTMLやCSSの知識はどれくらい必要なの?
楽天のページ編集にはHTMLやCSSの知識が必要になってきます。基本HTMLだけでいいですが、CSSも知ってる […]
楽天の出品作業は簡単?あと管理画面が使いづらいって本当?
楽天に出店している人のブログや日記などを見ると「管理画面が使いずらい」なんて言う方がいますが、私はそんなことな […]